カテゴリー別アーカイブ: Uncategorized

A HAPPY “BUY NOTHING DAY”★

「ホー娘。の!すすめ!ボロボロード☆」より。


11がつ28にち どようび。

「アクティヴィズム3.0(仮称)」〜リーマン・ショック以後の世界の「新しい反資本主義の表現者」たち〜展
にてウィーアーザホー娘。は、無買日にちなんだワークショップをやってきました!!
ワークショップといっても指揮する人もいなければ教える人も居ない。
あるのはノリやはさみといった道具のみ★
それぞれがゴミを持ち寄ったり、そこにある新聞紙や包装紙を使って
やれ「はさみ先生どこですか?」「ホチキス先輩〜!」とそれらの道具をシェアしながら
帽子やマント、鞄にリボン、靴にスカート、メガネにマスクを作って
気付いたらとんでもないことになっていたのでした。
ただでさえ売っているものとちがって、ひとつといって同じ形の無いゴミ。
それをいっぱいの人数でメイキングすれば、もうそれだけで愉快で最高にかっこよい
アイドルグループの完成なのです♪

最高にめかしこんだ私たち。
無買日をアピールするため、ラッパみたいな楽器カズーでクリスマスの歌を口ずさみながら
無買日のショッピング袋をいっぱいにのせたカートを引いて会場内を行進しました。
いえいいえい!ひゅーひゅー。目を丸くする人もいれば、いいねー!と声をかける人もいて。
さすが展覧会に居る人はこういうお祭りが大好きなんだなーと思いました。

そのまま会場を出て、クリスマスソングを合唱しながら
ワールドポーターズというショッピングセンターに向おうとしたところ、
「ちょっと待ってください。」と、呼び止められました。
てっきりファンのホーヲタさんかと思いましたが、なんだか楽しくなさそうな人たち、、。
一緒に歩こうよ、と誘う暇もなくたくさんの迷惑顔さんたちに囲まれてしまいました。。
イル曰く、道路交通法というものがあって、集団で歩くには届け出がいることになっているのだそうです。偽ホーヲタさんたちはそれを心配しているというのです。
ホーたちはそこで解散することにし、それぞれ帰路につくことにしました。
それぞれならば、どんな格好をしてどこへ向おうと自由なはず。
そして偶然にもみんなが向った先はワールドポーターズだったのです。

ワールドポーターズは、買物をする人でいっぱい!
みんな顔をあっちにやったりこっちにやったり。
店内にある商品すべてを一つでも見逃すまいと目を凝らして歩いていました。
カラフルでキラキラな店内だったけれど、
さっきまでゴミでメイキングをしていた私たちからすると
なんだか似たようなモノが並んでいてやっぱりちょっと退屈でした。
どうせショッピングをするなら、
その商品がいったいどこで誰がどんな風に作ったものなのか知りたいし、
ほんとうに必要な物を買いたい。

とはいいつつ私たちもショッピングバッグを抱えて、
それぞれに店内を練り歩きました。
ただひとつ違うのは、ショッピングバッグには
「無買日」「BUY NOTHING DAY」という文字が書かれているということ。
商品には目もくれず楽しく歩きまわっていた
私たちはどんな風に映ったのでしょうか???

あーそれにしても何にも買わない楽しい一日だった!!!!

☆おキャヤより追加☆
素敵なBUY NOTHING DAYの写真をホー娘。の新しいアルバムにUPしました☆
前のフォトログはフォルダ数がいっぱいになってしまったので、
新しいアルバムをつくったぜYO(娘。達へ→ログイン名は同じ、パスワードはブログのパスワードと同じ)!

さっそくチェックしてみてね!ホー娘。の公式プロマイド掲示板→http://fotologue.jp/ho-mus2/

広告

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

A3展 is over

またいつか、どこかで!

1件のコメント

カテゴリー: Uncategorized

BUY NOTHING DAYをおいわいしよう!

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

旗がいろいろ

一人一旗プロジェクトであつまった旗、会場に揚げてます!
つくってくれたみなさん、ありがとう。
まだ右のほう、余裕あります。
まだまだ大募集中です。

たくさんのテレビの後ろには、
インディメディア・ジャパンのでっかい旗もあります。

コメントする

カテゴリー: news, Uncategorized

国際映像まつりのための習作

イルコモンズ編「ドラム・フィルム・ランデヴーのための習作」
(国際映像まつりとアナーキストドラム・ギャザリングの宣伝のための)

「視覚と聴覚との結びつきを探り続けてきた(クリスチャン・)マークレーが、コンピュータ技術を使って膨大な数の映画からの引用によって構成される映像の四重奏(「ヴィデオ・カルテット」)を制作した」。「ヨコハマ国際映像祭2009」でそれを見たイルコモンズが、「自分もやってみたい!」と思い、 YouTubeにある膨大な数の映像からの引用によって構成されるドラム映像の二重奏「ドラム・フィルム・ランデヴー」を制作するためにつくった習作。「互いに関連性のない映画のシーンが音によって繋ぎ合わされ、それはまるで映画をめぐる私たちの集団的記憶のようにも見える」が、イルコモンズにとっては、映像の著作権とその解放をめぐるたたかいである。前半は、映画「無法松の一生」の祇園太鼓と、ジーン・クルーパー楽団の合奏によるインターナショナルなジャズまつり映像、ジャンルを超えた「暴れ太鼓」対決。坂妻(←田村正和のお父さん)の口上と身のこなしがすばらしい(1分00秒目あたりからだんだん盛り上がります)。後半は、マークレーが使わなかったゴダールの映画「ウィークエンド」と、トム・マッカーシーの映画「扉をたたく人」のランデヴー・ミックス。「扉をたたく人」は、911以後、心を閉ざしたニューヨークを舞台に、老いた大学教授がドラムを通じて心を開いてゆくというストーリー。このミックスでは、ブレイクビートをバックによみあげられるボードレールの詩「老いたる海よ」が、生まれて初めて参加したドラムサークルにまごついてるウォルターに、「勇気を出そう、力を奮い立たせ成し遂げよう」と励まし、人間の世界にもどるように促すというヒューマン・タッチな展開になってる。そうじゃ、そうじゃ、これが本当の映画のまつりじゃ、よぉ、みておけ、乱れれば乱れるほど調子がよくなるのが、暴れ太鼓とアヴァンギャルドじゃ。美は乱調にあり。映像祭は、まつりなのだから、こんな感じでどんどんかきまわしてゆこう。映像のまつりなんだから、著作権のことなんか忘れて気前よくミックスし、こういうアッパーな映像で景気よく宣伝してゆこう。


クリスチャン・マークレー「ヴィデオ・カルテット」(2002年)
(ヨコハマ国際映像祭NYK会場1階で上映中)

[追記] いるといらとそのなかまたちによるアナーキストドラム・ギャザリングは、ヨコハマ国際映像祭最終日の11月29日の14:30-16:30に「アクティヴィズム3.0」の会場でやります。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized