旗がいろいろ

一人一旗プロジェクトであつまった旗、会場に揚げてます!
つくってくれたみなさん、ありがとう。
まだ右のほう、余裕あります。
まだまだ大募集中です。

たくさんのテレビの後ろには、
インディメディア・ジャパンのでっかい旗もあります。

コメントする

カテゴリー: news, Uncategorized

ZEST覆面ライターズ・ワークショップ・レポート

Z-1

11月15日の日曜日、ニット+カモフラ+額に「Z」マークが目印の
覆面グラフライターZESTくんが、親切丁寧フレンドリーに
グラフィティのテクニックを教えてくれる公開講座が行われました。

zest

いるいらなかま展示会場内に大きな紙を貼って撮影していたところ、
ご年配からヤングまで、たくさんの人たちが見物にやってきました。
グラフィティを書いているところを生で見ることって、そうないですからね!
お客さんから、「グラフィティをはじめたきっかけは?」
「ライター同士の交流ってあるんですか?」
「描いたものを消されたときの心境は?」など質問もたくさん飛び出し
質疑応答しながら、実技を披露。

zest-2

グラフィティの道具については、とにかくD.I.Y.率がハンパなく、
じぶんでつくる、改造する、くふうする、古くなったら修理してまたつかう、
といったアイデアがとにかくすごい!
使い終わったら捨ててしまうようなものも、
工夫次第で自分で再生できるアイデアの数々は、グラフィティに限らず
誰でもすぐマネできそう!

z-2

z-4

収録後には、グラフィティを卒論のテーマにしている学生さんが
タグネームを書いてください!とブラックブックを差し出したり、
実践として、みんなでいろいろ書いてみたり。
z-3

収録後も話は尽きず、「グラフ・ライターは、警官だけではなく、霊とも戦っている
(グラフィティをする場所は廃墟など、霊が出やすい場所が多いため)」
などの名言も多数飛び出しました。

この日撮影した番組は近々、展示会場とこちらにアップしたいと思います!
おたのしみに!

z-5

ちなみに、霊といえばゴーストバイクの発展型、「ゴーストスプレー」も
会場のどこかに、ひっそりと展示中です。探してみてください。

(レポート:NEO DADAKKO)

コメントする

カテゴリー: news

いるといらとそのなかまたちからの、おくりもの

4-5new

ある日のこと、

NPO法人remoと

いるといらとそのなかまたちは、

みんなでこしらえた展示が

ますますおもしろいものになってきたので、

もっとたくさんのひとにみてもらいたいね、

とはなしました。

ぼくらの展示だけじゃなくて、

ほかのひとたちの展示もおもしろいよ。

ぜんぶみようとおもったら

まる一日かかっちゃうね。

でも、みておかないと、

もったいないよね

うん もったいない もったいない

すごくもったいない

そうだ、いまここに

しょうたいけんが10まいあるから

10人のおともだちにあげようか

うん、それがいいね

そうしよう そうしよう

ぼくらのなまえは、

いるといら

このよでいちばんすきなのは、

ものをつくること

わけること

いる、いら、いるといら

ということで

みてみたいなとおもったおともだちは

したのあどれすに

じぶんのなまえとじゅうしょをかいて

めーるしてください

せんちゃく10にんのおともだちに

しょうたいけんをあげます

irregularrhythmasylum(at)gmail.com
*(at)は@にかえてください
*2日前くらいから、sanpal.co.jpのサーバーがダウンしています。まだ返事を受け取ってない方は、改めて上のメールまでご連絡ください。よろしくお願いします。

コメントする

カテゴリー: news

最近のアップデート Nov.13.2009

2-1
[PICTURE] に、「いるといらとそのなかまたち」の壁紙をアップ。

[A3TV]に、「A3TV」#001:インディメディア・ジャパン篇 (※試験放送)をアップ。

[EVENT]に、「ZEST覆面ライターズ・ワークショップ」を追加。

コメントする

カテゴリー: news

国際映像まつりのための習作

イルコモンズ編「ドラム・フィルム・ランデヴーのための習作」
(国際映像まつりとアナーキストドラム・ギャザリングの宣伝のための)

「視覚と聴覚との結びつきを探り続けてきた(クリスチャン・)マークレーが、コンピュータ技術を使って膨大な数の映画からの引用によって構成される映像の四重奏(「ヴィデオ・カルテット」)を制作した」。「ヨコハマ国際映像祭2009」でそれを見たイルコモンズが、「自分もやってみたい!」と思い、 YouTubeにある膨大な数の映像からの引用によって構成されるドラム映像の二重奏「ドラム・フィルム・ランデヴー」を制作するためにつくった習作。「互いに関連性のない映画のシーンが音によって繋ぎ合わされ、それはまるで映画をめぐる私たちの集団的記憶のようにも見える」が、イルコモンズにとっては、映像の著作権とその解放をめぐるたたかいである。前半は、映画「無法松の一生」の祇園太鼓と、ジーン・クルーパー楽団の合奏によるインターナショナルなジャズまつり映像、ジャンルを超えた「暴れ太鼓」対決。坂妻(←田村正和のお父さん)の口上と身のこなしがすばらしい(1分00秒目あたりからだんだん盛り上がります)。後半は、マークレーが使わなかったゴダールの映画「ウィークエンド」と、トム・マッカーシーの映画「扉をたたく人」のランデヴー・ミックス。「扉をたたく人」は、911以後、心を閉ざしたニューヨークを舞台に、老いた大学教授がドラムを通じて心を開いてゆくというストーリー。このミックスでは、ブレイクビートをバックによみあげられるボードレールの詩「老いたる海よ」が、生まれて初めて参加したドラムサークルにまごついてるウォルターに、「勇気を出そう、力を奮い立たせ成し遂げよう」と励まし、人間の世界にもどるように促すというヒューマン・タッチな展開になってる。そうじゃ、そうじゃ、これが本当の映画のまつりじゃ、よぉ、みておけ、乱れれば乱れるほど調子がよくなるのが、暴れ太鼓とアヴァンギャルドじゃ。美は乱調にあり。映像祭は、まつりなのだから、こんな感じでどんどんかきまわしてゆこう。映像のまつりなんだから、著作権のことなんか忘れて気前よくミックスし、こういうアッパーな映像で景気よく宣伝してゆこう。


クリスチャン・マークレー「ヴィデオ・カルテット」(2002年)
(ヨコハマ国際映像祭NYK会場1階で上映中)

[追記] いるといらとそのなかまたちによるアナーキストドラム・ギャザリングは、ヨコハマ国際映像祭最終日の11月29日の14:30-16:30に「アクティヴィズム3.0」の会場でやります。

コメントする

カテゴリー: Uncategorized

「一人一旗プロジェクト」

hitoriいるといらとそのなかまたち
「一人一旗プロジェクト」

旗はメディアだ。
万国旗はもういらない。
ひとりにひとつ旗があればいい。
自分の旗を自分でつくって、
国際展の会場に旗をかかげ、
インディーズを宣言しよう。

ほんとうのデモクラシーは、
みんなが自分の旗を自分でつくって
みんなで共にかかげることだ。

——————————

「一人一旗(いちにんいっき)プロジェクト」への参加募集!

国旗でもなく、グループの旗でもない、「個人」の旗を下の写真の部屋に飾ります。ピンクと白の縞のポールから左右にヒモを張り、そこに一つ一つ「一人一旗」を通していきます。

DSC06041
素材や形や色に決まりはありません。自由に自分の旗を作ってみてください。でも、一つが重すぎたり、大きすぎたりすると、他の旗との共存が難しくなります。

11月14日までにIRAまで持ち込んで頂くか、15日に会場まで直接持ってきて頂いてもOK牧場です。

——————————

Make your own flag!
Raise your flag!
Declare independence!

 

Bjork “Declare independence”

—————————–

さて ぼくらは もう一度
倉庫や 物置きや 机の引出しの隅から
おしまげられたり ねじれたりして
錆びついている<民主々義>を探しだしてきて
錆びをおとし 部品を集め
しっかり くみたてる
<民主々義>の<民>は庶民の民だ
ぼくらの暮しを なにより第一にするということだ
ぼくらの暮しと 企業の利益とが ぶつかったら
企業を倒す ということだ
ぼくらの暮しと 政府の考え方がぶつかったら
政府を倒す ということだ
それが本当の<民主々義>だ
ぼくらは ぼくらの旗を立てる
ぼくらの旗は 借りてきた旗ではない
ぼくらの旗のいろは 赤ではない 黒ではない
もちろん白ではない 黄でも緑でも青でもない
ぼくらの旗は こじき旗だ
ぼろ布端布をつなぎ合せた 暮しの旗だ
ぼくらは 家ごとに その旗を 物干し台や屋根に立てる
見よ 世界ではじめての ぼくら 庶民の旗だ
ぼくら こんどは後へひかない

花森安治「見よ ぼくら 一銭五厘の旗」

コメントする

カテゴリー: news

東京・横浜のアーティストの皆さん!

NO CORT
▼「東京、横浜のアーティスト、音楽家、活動家、物造り人、クリエーターの皆さん!
連帯と創造的なアクションを呼びかけます
」「これは世界で流通している三分の一のギターを作っているにも関わらず自分たちの生計を立てられなかった人たちの話です。皆さんはIbanez (アイバニーズ)、Fender (フェンダー)、Cort (コルト)もしくはParkwood (パークウッド)という(ギターメーカーの)名前を知っていますか?

彼らの工場は換気もされず、窓もなく、”high productivity(高-生産力)”と呼ばれています。彼らは籠の中の雌鶏のように休憩もなく働き、結果的に体を壊したり怪我をしてしまいました。 ある労働者は切断機で指を切り落としてしまい、別の労働者はマスク一つでヤスリをかけ研磨する作業によって慢性的な筋肉や骨の病気に苦しめられました。彼 らの多くは通気のなく溶剤に満たされた塗装部屋で働くことによって気管支炎や喘息にかかってしまいました。彼らは残業手当もなしに働き、早き出勤して遅く 帰宅し、過労のため工場で倒れてしまうことさえありました。そんなときは病院のベッドに臥せながら、ボスから辞表にサインをすることを求められました。

それでも、このような韓国の労働者たちは自分たちの手で作った真珠がちりばめられた煌めくギターを前にすればいつだって幸せだったのです。そしてそのギ ターは世界各国に輸出されていきました。彼らはプライドをもって10~20年の間、昼夜を問わず一生懸命働きました。ついに彼らは労働組合を2006年に 結成し、12年間で最高水準まで賃金をあげるに至ったのです。しかしそれは韓国で支払われる賃金のほとんど最低ラインに過ぎませんでした。

一方でコルト・コルテックの最高経営責任者 Park Young Ho は7,800万ドルの資産を築きました。今では世界の金持ち125位に彼はランキングされています。彼は1997年に新しい工場を中国に作った後、次第に 韓国内での生産ラインを縮小し国外に拠点を移していきました。これは労働者に知らされることなく進められた計画だったのです。更に2007年4月に仁川で は56人の労働者が解雇、大田での事業も秘密裏に終了させられ、三ヶ月後には残った67人の労働者も首になりました。会社の秘匿的で不法なリストラ方針へ の抗議の中、労働者の一人である Lee Dong Ho は2007年12月に焼身抗議をしました。しかし Park は雇用者の命を気にかけることもなく、2008年8月には偽装破産を主張して仁川の工場も閉じてしまったのです。それ以来、行き場もなく、非合法に解雇さ れた労働者たちは閉鎖された工場を守り占拠することで抵抗しているのです。

昨年、彼らはソウルの川縁にある高架電塔で一ヶ月ハンガース トライキを行いました。彼らはコルト本社を占拠しようとしましたが、特殊訓練された警察に全員逮捕されてしまいました。おそらく労働者たちが警察署に引き ずられ犬扱いされているその瞬間も、Fender、Ibanez、Cort、Parkwood のブランド名が冠されたギターは世界中のどこかでラブソングを奏でていたでしょう。

今やそのメロディの音色は違った風に聞こえることでしょう。労働者たちはこの間の無頓着さや深刻な困難さをひどく不安に思っています。彼らは人々の無関心、疎遠さ、忘却に直面することを恐れています。

幸運にも、韓国の多くのアーティストやミュージシャン、アート・文化組織に属している人たちが労働者たちの運動を支援し、コンサートや展示会、ドキュメンタリー制作を行いました。また春にはドイツのアーティストとミュージシャンが世界楽器展覧会「Musikmesse 2009」で同じようなことをしてくれました。
[彼らの支援行動のビデオ]
▼ugly truth behind Cort/Cor-tek guitars 2
http://www.youtube.com/watch?v=7pbKvESThn0
▼ugly truth behind Cort/Cor-tek guitars
http://www.youtube.com/watch?v=9LpB1E4EE7k

私たちは皆さんに創造的な行動で Cort 社の不正義を世間に広めてもらえるようお願いをします。2009年8月にソウルの高裁では彼らが行った多くの解雇は非合法であると裁定されています。しかし会社は何も変わっていません。

幾人かの労働者たちが10月30日に東京に到着し、11月5日から8日に横浜で開催される「2009楽器フェア」に訪れます。私たちはとりわけ東京と横浜で活動するアートや文化グループに所属している人たち、メディアや社会変革のために活動している人たちに理解と支援を呼びかけます。私たちは望みます。皆さんの連帯と創造的な行動を。

■東京と横浜の人たちができる支援:

-連帯のためのライブ、街頭演劇、展示会
-行動やパフォーマンスのためのスペース確保
-横浜-東京間のナビゲートや運転
-韓国語-日本語の通訳・翻訳
-行動をともにする
-書いたり、記録したりする。ジャーナリズムやブログなど
-その他の創造的な方法で!!!!!

[コルト・コルテック闘争遠征団]
問い合わせ先(日本)
cortaction@mediachampon.net
■日本語で読めるコルト・コルテック闘争の記事
http://www.labornetjp.org/worldnews/korea/topics/cortcortek/topic_view

———————————————————

「コルト・コルテック闘争遠征団」の、この呼びかけにこたえ、東京の高円寺・素人の乱12号店で、自作楽器づくりのワークショップがひらかれ、新宿と高円寺の駅前で街頭アクションがおこなわれました。

▼韓国 コルト/コルテック遠征団、街頭宣伝
http://mediachampon.net/ja/node/242

横 浜にいる、いるといらとそのなかまたちも、この呼びかけにこたえ、11月4日の夕方、インディメディアTVスタジオ・コモンズでメディア・アクションを行 います。この呼びかけに応答される方は、ぜひ、4日の夕方5時ごろに、スタジオ・コモンズまで、おいでください。LETS BE HUMANGBEINGS!

1件のコメント

カテゴリー: news